食品

パーティーで使える

丸いまな板と野菜

パーティーなどの場面でよく利用されるものには、ケータリングが挙げられます。事前に商品と人数分予約を行っておけば、当日に商品を届けてもらえるため、人気を集めています。

しっかりバランス良く

野菜とパン

食事を摂るときには、しっかりとバランスの整ったものを摂取したいものです。肉ばっかりではなく、野菜も入ったものなど、食べるもののバランスが悪いと、日常生活に支障をきたす恐れがあります。

プロの料理を自宅で

サラダとフォーク

二次会などをアットホームに行いたいなら、ケータリングサービスを利用して自宅で行うのもおすすめです。料理を用意しなくていいのは勿論、目の前で調理して振る舞ってもらえるのでパフォーマンスを含めて楽しむことができます。

種類豊富な野菜

野菜と包丁

野菜は人類が昔から食べている栄養源のひとつです。野菜からビタミンなど様々な栄養素を摂取することが出来るので食事に必要です。 野菜は農家が栽培をして、出荷した作物がスーパーなどに並べられ、消費者の手に渡ります。野菜を育てるのには気候に左右されたり、労力を費やした上で収穫することが出来ます。昔は作物を病気から守るために手作業で虫を取り除いたり、人の手を手伝うために、田んぼであれば牛を使って土壌を掘り起こしたりしていました。 また、戦後は農薬の研究が進んだおかげで、安定して作物が収穫出来るようになり、野菜の価格は安価になりました。 最近では、栽培の期間中に農薬を使わないで収穫される無農薬野菜が見直されるようになりました。

無農薬野菜は、栽培期間中に農薬を使用しないので、代わりに天然の木酢液などで病気の対策を行っています。農薬を使わないおかげで安心して食べることが出来ます。 野菜を収穫するためには、栄養になる肥料が必要です。肥料にも化学肥料と有機肥料があります。最近ではケータリングできる無農薬野菜に注目が集まっています。 無農薬野菜はスーパーや自然食品店で販売されている際には、商品の袋にどういった肥料で栽培されたのか、記載されていることもあります。購入する際には化学肥料が用いられた無農薬野菜なのか、有機が主体なのかを確認出来ます。ケータリングサービスと聞くと、野菜が新鮮な状態で配達できなさそうなイメージがありますが、クール便で配達してくれるため、野菜の美味しさをそのまま家庭でも楽しめます。